おまとめローン比較調査隊【※一本化できた件数NO1サイト!】

Just another WordPress site

おまとめ詐欺に注意

最近は、返済に追われて身も心もクタクタになっている人に対して超低金利ローンやクレジットの現金化などで誘い出す悪質な業者が増えています。
少し検索すればその被害の大きさも目の当たりにすることができます。
手口はいたってシンプルで、4件以上の多重債務者に対して、銀行や貸金業者に断られていても大丈夫!などと謳って契約させ、実際にはおまとめローンなどは存在せずに債務整理などを進められ、紹介料など様々な理由をつけてお金を請求してくるというものです。
そのような手口に引っかからないようにするためには、まず世の中そんなに甘くないということを頭に叩き込みましょう。
そうは言っても、株取引詐欺なども昔からなくならないように、実際に自分の身に起きてみると、「これは乗っからないと損かもしれない…」と思ってしまうのが人間です。
また、メールや電話のみの簡単な契約と宣伝しておきながら実際は必要書類が多かったり、事務所にで向かわなければならなかったりする場合があります。
これは対面して勧められると断れない人の多いことや、弱気な時に付け込む詐欺のパターンですので、少しでもおかしいな、あやしいな、本当かな、と思ったら相手の土俵に入ってしまう前にきっぱりと断りましょう。
事務所に出向いてからキャンセルしたい、と言ってもあの手この手で引きとめることは確実です。
詐欺とうすうすわかっていても断れない人が多いからこそ、この手の詐欺は一向になくなりません。
メールや電話の時点で、断ることが大切です。
甘い話には必ず裏があります。くれぐれも気をつけましょう。

申し込み時の注意点

お金を借りる時に一番気になるのは「審査」ですが、おまとめローンの場合はどういった審査方法で、何を重要視しているのでしょうか。
基本的にはおまとめローンという名前の大口融資であり、その融資には限度額があります。
その限度がく一杯に借りることができますがほとんどの場合は契約期間が決まっています。
たとえば1年という契約期間だった場合、その借金を1年で返さなければならない為、貸す側は囲い込みの面ではメリットになりますが、大きなリスクも伴います。
そこで、返済能力が一番重要になってきます。
これは大口であろうが借金の審査には重要ですが、ではこの返済能力はどのように弾き出されるのでしょうか。
審査は、申し込みの時に記入するすべての項目(属性)に点数をつけスコアリングしていき、融資可能かどうかを自動で判断しますが、おまとめローンで一番重要なのは収入に対する貸付金額です。
おまとめローンの希望融資金額の基本は年収の1/2以下と言われています。
1/2以上で審査を出してもまずその通りの金額は融資されることはないでしょう。
また、返済計画を立てられない人物としてみなされ、1/2以下で希望を出していれば審査に通るものも、欲を出して落ちるなんて場合もあります。
1/2以下で申請をして、さらにそれ以下の枠で審査が通ったとしても返済を続けていれば必ず枠は広がっていきますので、いずれ一本化できるような努力が必要です。

審査の前にすべき事

おまとめローンには、銀行のおまとめローンと貸金業者のおまとめローンの2種類があります。
銀行で借りると金利は低く、おまとめする価値のある素晴らしい商品ですが、審査が厳しいのも現実で、実際に一度、審査を受けてみることをお勧めします。
銀行系と貸金業者は別の信用情報を使っているので、短期間に1つづつ申し込みをしても問題はないので、とにかく受けてみて、審査に通ったらラッキー!ということで完済を目指してください!
それで審査に落ちてしまった場合は、出来ることが絶対にあるはずです。
諦めずに完済物語を進めていきましょう!
まずすべきことは、借入残高の少ないものから頑張って返済し、完済しましょう。
審査で特に重要視される借入件数を1件でも減らしておくほうが良いでしょう。
次に固定電話があった方が銀行ローンは通りやすい傾向にある、という事を頭に入れましょう。
最近はIP電話など、CATVとセットだと数百円で固定電話を設置できる場合もありますので、一度チェックしてみるとよいでしょう。
また、一度落ちた銀行にもう一度申し込みしたいのなら、最低でも6カ月開けないと申し込みブラックといって信用度がずど~んと下がってしまうので、その6ヶ月の間に少しでも借金を整理しておきましょう。
滞納などがある場合は即刻解消しましょう。
おまとめがダメでも、融資枠20万だっ…という場合は、その限度額で返せる借り入れがあればまず完済して乗り換えましょう。
おまとめローンを売り出している金融機関であれば返済を続けていくうちに限度額が徐々に上がっていき最終的に一本化出来た!という体験談も多々あります。
あきらめずに少しずつ減らしていく努力をしましょう。

おまとめ申し込み方法

おまとめローンの申し込み方法はWEB、郵送、電話、窓口などがあります。
もちろん携帯やスマートフォン等からでも申し込みできますが、最初にWEBでアクセスして、審査シュミレーションや返済シュミレーションを行ってみるとよいでしょう。
ほとんどの金融機関のサイトにはそういったシュミレーションが用意されており、無記名で融資可能かすぐに分かりますので、参考になります。
融資可能となれば、申し込みですが審査はほとんどが自動審査で、平日の9時~稼働しているので可能であれば月曜日の9時に申し込みをすると審査、契約、融資などがかなりスムーズに行えるのでお勧めです。
申し込みに必要な書類は以下の通り
・身分証明書
 免許証と健康保険証の両方が必要な場合があります。
 健康保険証のみで大丈夫な場合もあり。
・収入証明書類
 源泉徴収票や給与明細、所得証明書などが必要です。
 給与明細の場合は直近2ヶ月分必要になってきます。
・他社借入条件等の確認できる書類
 他社からの借り入れを確認するための書類が、借入件数分すべて必要です。
申し込みが終ったら、審査結果の連絡を待ちます。
結果は希望の方法で、メールか電話で受け取ります。
店頭窓口などで申し込みをする場合には、契約、融資までその場で行えることがほとんどです。
また、プロミスのような大手だと代フリといって、借主の名前で、他社からの借り入れ先に振り込みで返済してくれるようなサービスもあります。
こういった申し込みの手順などは各社少しずつ違いますが、必要書類と流れは大体同じで、かなりあっさりしたもののようです。

支払をひとつにまとめよう!

毎月の返済に追われて、お財布も心もボロボロ!と嘆く前に出来る事は沢山あります!
「おまとめローン」とテレビでコマーシャルがよく流れていますが、このおまとめローンで借金をひとつにまとめて、支払総額を減らし、月1日の返済日になり、ストレスも軽減されます。
「解ってはいけるけど、ハードルが高そう」「年収の1/3以上は貸してくれないんでしょ?」という声を良く聞きますが、現在おまとめローンを積極的に行っている金融機関は多く、そういった金融機関ですとハードルもさほど高くありません。
また、おまとめローンは総量規制対象外なので、年収の1/3以上であっても借入可能です。
しかし年収の1/2以上ですと審査が厳しくなる傾向にありますが、それ以下であれば一元化も夢ではありません。
おまとめローンをするなら、確実に完済を目指したいものです。
身も心もすっきりとして、常に感じていた「お金がない…」重い負担を吹き飛ばしましょう!
しかし多くの方がおまとめローンの審査に通るとストレスから解放され、借金を完済したと勘違いします。
毎月の支払は軽減されても、元金は減っていないのでご注意を!
おまとめするなら完済を!これを座右の銘に一緒に頑張っていきましょう!

おまとめローンとは

おまとめローンとは、いわば借り換えです。
借金を借金で返すわけですが、複数から借りている場合、借入先が1件になるので毎月の返済期日や利息などの負担が減り、借主の精神的ストレスも軽減されます。
少し前までは、不動産を担保にして高額融資し、そのお金で借金を返済する、というような商品でしたが、総量規制などにより、それらは禁止されました。
しかし総量規制の対象外である銀行から、おまとめローンという商品が出始め、現在では銀行系で一押しのおすすめ商品として売り出しています。
おまとめローンは、住宅ローンのように最初に融資してもらったお金を序所に返していく、というような方法で返済していきます。
キャッシングは限度額が決まっていて何度でも出したり入れたりできますが、そういった新しい借金を簡単に作れない仕組みになっていますので、借金完済を確実にしたい方にはおすすめの商品と言えます。
また、大口融資になればなるほど金利も安くなりますので、金利の高い消費者金融などから小額ずつ返している時の利息とくらべれば、かなり安くなるでしょう。
自分が返しやすい返済方法のある金融機関であることを第一条件に、金利、審査などのクチコミなどを参考に、自分に合った金融機関を探しましょう。